A pioneer of dried blueberries in Japan

Oregon Cherry Growers

品質

品質と安全

品質と安全はオレゴンチェリーグロワーズ(OCG)の最重要事項です。またOCG製品はアメリカだけでなく様々な国でご愛用頂いています。食品の品質と安全に国境は無く、製品が使用される各国の法規を遵守すると共に、農園からテーブルまで安心してお召し頂けるようにトレーサビリティを含め高いレベルでの品質マネジメントを行っています。

品質管理 (Total Quality Management)

全社的総合品質管理プログラム(Total Quality Management)を導入し、品質に関わる下記エリアでそれぞれ品質管理を実施しています。

  • 食品安全性
  • 適正製造基準(GMP)
  • 衛生管理
  • 標準作業手順書(SOP)
  • 内部監査とギャップ分析
  • トレーサビリティ
  • 苦情対応マネジメント
  • サプライアー監査
  • 従業員教育・訓練
  • 改善と改良

認証

OCGの加工・製造工場では

  • Global Food Safety Initiative (GFSI)
  • Safe Quality Food (SQF)
  • U.S. Transportation Security Administration –
    Certified Cargo Screening Program (認定貨物検査プログラム認証)

また、農園では

  • Global Good Agricultural Program (Global GAP)

をそれぞれ取得しております。

賞味期限

生鮮食品のように品質の劣化が早い食品は腐敗などにより安全に食べられるかどうかの期限(消費期限)が儲けられますが、ドライフルーツなどのように品質の劣化の遅い食品は、「おいしく食べられる品質の限界」=「賞味」期限が定められます。

糖漬けし、乾燥してあるドライフルーツはその水分活性が低く微生物による腐敗のリスクが低いため、賞味期限の設定は主に風香味の劣化を官能評価して決められています。

ドライフルーツとその賞味期限については下のリンクより詳細をご覧下さい。

ドライフルーツの賞味期限

トレーサビリティ

製品に貼付・印字されているロットなどの情報から、製造記録、原料受入記録、最終的には主原料であるブルーベリーの収穫日や農園まで追跡が可能なフルトレーサビリティーを有しています。

詳細は下記のリンクからドライブルーベリー製品のページをご覧下さい。

ドライブルーベリー製品

農薬

「野生」といえども、高品質な製品を安定して供給するためには適切な管理が必要となります。

残留農薬について

遺伝子組換え

ドライブルーベリーの製造に使用している原材料のうち、遺伝子組換えの可能性がある原料は果糖ぶどう糖液糖の基原物質であるとうもろこし、およびコーティングに使用しているキャノーラ油( 菜種) です。いずれも現行制度では弊社ドライブルーベリー製品の食品表示で表示の義務はございません。

表示に関わる制度、弊社製品のGMO表示に関するQ&Aを記載しています。

環境品質と持続性(サステイナブル)

増え続ける世界の人口~これは食糧需要が増え続けることを意味しています。土壌、水などの栽培環境を支える資源は限られており、持続可能な農業なくしては最高の品質を安定して供給することができないと考えています。オレゴンチェリーグロワーズ(OCG)では次のような持続可能な農業への取り組みを実施しています。

  • 水資源の保全と有効管理
  • 土壌資源の保護、保全とできるだけ環境に負荷のかからない肥料の使用 (チェリー樹木の間伐材を粉砕し、マルチとして利用。さらにミミズを導入しマルチ材を堆肥に還元など)
  • 副生成物や廃棄物のリサイクル・コンポスト化によるゴミの削減
  • 総合的病害虫管理(IPM)の採用により農薬使用量を減らし、かつ環境に優しい天然農薬の使用を増やす
  • ふくろうや鷹など樹木を住処とする鳥類の保護と同時に害虫駆除への有効利用
  • チェリーの加工で出る種を乾燥・粉砕して未舗装路の被覆材として利用。車両通行時の砂・粉塵の巻き上げを抑制
  • 季節労働者のための滞在施設、教育・育児施設や福利厚生プログラムの提供により季節移民労働者が毎年就業できる環境を提供
  • ユニリーバ社が定めるSustainable Agriculture Codeによる認証サプライヤー

ワイルドブルーベリーの冷凍(IQF)加工

収穫直後のワイルドブルーベリーの画像

1. ワイルドブルーベリーは丈が30cmと低く、収穫直後の写真でも判るとおり、様々な夾雑物(葉など)や小石などが混ざった状態で、冷凍加工工場に届きます。

収穫されたワイルドブルーベリーはBinと呼ばれる通い箱に入れられて工場へ届けられます

2. ワイルドブルーベリーは規定の通い箱(bin)に入れられ工場に届きます。全ての箱にはトレーサビリティ情報(収穫日、収穫場所、収穫者など)が含まれており、弊社製品のロット・印字情報から、追跡が可能です。

比重により異物夾雑物を除去する設備の画像

3. 加工工場で風力選別や水洗い、比重選別やレーザーソーターなど様々な異物・夾雑物を取り除く工程を経てから急速冷凍処理(IQF)されます。

急速凍結(IQF)されたブルーベリーの画像

4. 冷凍(IQF)ワイルドブルーベリーは実のサイズを弊社規格で区分して、冷凍保管されます。

使用原料と原産地

ドライワイルドブルーベリーはアメリカ・オレゴン州で製造されています。各原料の基原原料とその原産地は下の地図・表をご覧下さい。

原料 加工地 基原原料 基原原料の原産地
ワイルドブルーベリー カナダ ワイルドブルーベリー アメリカメイン州、カナダ北東部(ケベック、ノバスコーシア、ニューブランズウィックなど)
果糖ぶどう糖液糖 アメリカ コーン アメリカ中西部のコーンベルト
キャノーラ油 カナダ 菜種 カナダ マニトバ州、サスカチューン州、アルバータ州
リンゴ酸 カナダ 無水マレイン酸 n-ブタンより化学合成されているので、原産地はございません
香料 アメリカ 天然香料として認められている
基原物質
主に精油や抽出物などを使用しており、その内容は機密事項のため開示ができません。
抽出やブレンドなどの加工はアメリカ・ワイオミング州で行っています。

ふっくらとしたドライブルーベリー。それを実現する工程には様々な工夫と品質への情熱が込められています。

製造工程

ブルーベリー製品の規格書、プロモーション資料や画像、収穫統計などの情報はinfomation centerよりご覧頂けます。

information center

ブルーベリーの市況、生育状況、レシピやブルーベリー・チェリー・弊社事業に関するお知らせ・Newsはこちらよりご覧頂けます。

Newsとお知らせ

Home     Products     Quality     About     Contact News

Oregon Cherry GrowersはPacific Coast Producersの子会社です。

収穫直後のワイルドブルーベリーの画像
収穫されたワイルドブルーベリーはBinと呼ばれる通い箱に入れられて工場へ届けられます
比重により異物夾雑物を除去する設備の画像
急速凍結(IQF)されたブルーベリーの画像

Home     Products     Quality     About     Contact News