2016年ブルーベリー世界生産量統計

ブルーベリーの生産量は順調に伸びている

9月11日と12日に中国雲南省曲靖市でInternational Blueberry Organization (IBO)の年次総会が開催されました。そこで発表された統計データからはブルーベリーの2016年の生産は順調に伸びたことが判ります。

栽培種は9万2千トン増産

2016年の栽培種ブルーベリーは2014年比で9万2千トン増産の65万5千トンに達しました。北米の生産量がまだ圧倒的に多いのですが、その世界シェアは2014年の49%から2016年には41%へと低下し、その他の地域での生産量が急速に延びていることが明らかになりました。

ワイルドブルーベリーは4万1千トン増産

2016年のワイルドブルーベリーは2014年比で4万1千トン増産の20万6千トンに達しました。この数字には北米で採れるワイルドブルーベリーに加え、ヨーロッパで採れるビルベリー及び中国で採れる品種が含まれています。

中国とアジア・豪州の生産量の伸びが顕著に

2012年以降、中国での栽培種ブルーベリーの生産量が急増しています。2012年に1万トン前後だった生産量は2016年には2万8千トンへと延びました。作付面積ではアジア・豪州の作付面積がこの10年で3000ヘクタールから2万2千ヘクタールと約8倍と急激な伸びを示しています。

今後も生産量は伸びると予想

IBOの予測では栽培種ブルーベリーの生産量は今後も堅調に伸びていくようです。2021年には90万トンと2016年に比べ37%の増産が予測されています。

No Comments

Leave a Comment